EC研究所

現役EC運営者によるEC運営に役立つ情報を提供するサイト

有料アマゾンツール『アマグラフ プレミアム版』の使い方・評判

有料アマゾンツール『アマグラフ プレミアム版』の使い方・評判

 

こんにちは、貿易コンサルタント&EC戦略アドバイザーの岡田です。

今日は輸入ビジネス専用アマゾンリサーチツール「あまグラフ」の機能とそのメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

 

私自身、非公開でリサーチツールを開発していたり、月額数千円~数万円のツールまでさまざまなツールを試してきましたが、今回ご紹介するツールはその中でももっとも費用対効果が高いツールなのでぜひ検討してみてください。

 

あまグラフの各プラン料金体系

まずあまグラフにも色々プランがありまして、主に3つのプランがあります。

最初に言っておくと、オススメのプランは、あまグラフ(プレミアム版)です。

(理由は下記で説明しますが、「無料お試し版」と「スタンダード版」だけなら、プライスチェックやモノレートだけ使ったほうが良いです)

 

あまグラフ(無料お試し版)の機能 [0円/月額]

あまグラフ(無料お試し版)の機能としては、1.世界各国アマゾンとの価格比較 2.ベストセラーランキング変動グラフの表示です。

2015-08-22_153752

↑こんなグラフが商品ページに表示されます

 

「世界のAmazon情報」のデータは、輸入というよりは輸出用のデータとして便利かもしれませんね。

また「ベストセラーランキング変動グラフ」は、データ取得が1日1回だけなので、1日に何個も売れるような商品をリサーチする際には、2~4時間毎に1回のデータを取得しているモノレートを使ったほうが良いです。

2015-08-22_154431

↑モノレートは1日に複数回のデータを取得しているので、あまグラフよりも詳細なデータをチェックできる

 

あまグラフ(無料版)でメリットがある機能としては、わざわざモノレート画面に移ることなく、Amazon内の商品ページでおおよそのランキング変動グラフが見れるということくらいです。

ただし、グラフ表示までに若干のタイムラグがあるので、無料版を使うくらいなら、モノレートをAmazonページに表示する拡張機能を使うようにしましょう。

2015-08-22_162857

ちなみに、これはオマケですがあまグラフ(無料お試し版)では、Amazon検索結果画面の1番目の商品だけ、世界各国Amazonデータとランキング変動グラフが表示されます。

あまグラフ(プレミアム版)だとすべての商品に表示される機能なので、その紹介のための機能でしょう。

おまけ程度に考えておくとよいですよ!

 

あまグラフ(スタンダード版)の機能 [979円/月額]

あまグラフ(スタンダード版)の機能としては、あまグラフ(無料版)と同じく、1.世界各国アマゾンとの価格比較 2.ベストセラーランキング変動グラフの表示機能があります。

2015-08-22_153752

↑こんなグラフが商品ページに表示されます

 

そして、他にも何か追加機能があると思ったんですが・・・。

何度かお試し版とスタンダード版を比較してみたんですが、違いはありませんでした・・・(*_*;

(↑違ってたらごめんなさい)

 

販売ページを読んでも違いがよく分かりませんし、おそらく以前のプロモーションの時に販売したプランか何かだと思います。

このプランは購入しなくて良いと思いますね。

 

あまグラフ(プレミアム版)  4899円/月額 ※20日間の無料期間あり

あまグラフ(プレミアム版)は、私が最もオススメできるプランです。

※20日間の無料期間があるので、使ってみて良さそうだったら是非導入してみてください。

 

あまグラフ(お試し版&スタンダード版)の機能に加えて、

Amazon検索結果画面のすべての商品にランキング変動グラフを表示させる機能がつきます。

2015-08-22_155837

↑Amazonで「並行輸入品」で調べた時の画面

この機能がめちゃくちゃ便利です。

 

今までは1商品1商品モノレートで検索していき「これは売れている」「これは売れていない」と精査していく必要がありました(←この時間がもったいない)が、ひと目で売れているのか売れていないかを確認できるので、あとは詳しいデータをモノレートで調べて仕入先を探すだけでよくなります。

(ツールが上手く機能せず表示されない時は、F5(更新)ボタンを押してみてください)

 

100商品をモノレートで精査していく時間が1時間かかるなら、100商品をあまグラフで見ていく時間は5~10分くらいで済みます。

1日50分くらい節約できるのであれば、1ヶ月で25時間分(50分×30日間)節約することができます。

 

アルバイトを1時間800円で雇った場合には、25時間で20000円のコストがかかりますから、自身のビジネスにリサーチ量が足らないのであれば、あまグラフ(プレミアム版)を導入しても良いと思います。

(その後、実際に数ヶ月くらい試して費用対効果があるか検証していくという流れです)

 

ちなみに、私の場合は明らかに費用対効果は良かったのでもちろん導入しています。

 

また人の行動というのは無意識に一過性をたどっているので、同じような商品ばかりリサーチしてしまいがちですが、この機能があれば今までは見逃していたような商品も、隈なくリサーチすることができるようになるのもメリットの1つですね。

 

「ebayで見る」機能も便利!

2015-08-22_160428

あと、もう1つ私が使っていた「便利だな~」と思ったのは、世界各国のデータの上の「ebayで見る」というリンクから、商品を1クリックでebay検索できることです。

例えば、左の「レゴ マインドストーム EV3 31313 LEGO Mindstorms EV3 並行輸入品」をebay検索してみると、ちゃんと英語でebay検索できました。

 

2015-08-22_160825

↑1クリックでこの画面までこれました

この翻訳機能って文字数によってお金がかかるのですが、すごくちゃんと作られているなー。すごい!と思いました。

 

2015-08-22_160940

おそらくebay検索する際のキーワードは、Amazon.comのタイトルから取得していると思われます。

ebayセラーもAmazon.comからタイトルを取得していることが多いので、これは賢いやり方ですね。

 

結論:「月額4980円は安い!いますぐ購入を検討するべき!」

私自身『非公開のリサーチツール』を開発していたり、オークファンプロ(有料)やあまログ(有料)など便利なリサーチツールを導入していますが、

その中でもあまグラフは最もオススメのツールです。

 

その理由は、結局世の中にあるほとんどのリサーチツールはAmazonAPIから商品データを取得してツール上に表示されているだけで、リアルタイムなデータは取得できないですし、そもそもAmazon内のすべてのデータを取得することができていないためです。

 

たとえオークファンプロなど上場しているような企業の信頼できるツールであっても、ツール内でリサーチした検索結果の中に、Amazonで掲載されている商品がでてこないということが多々あるんですよね・・・。

 

ですが、あまグラフの場合はAmazon内にツールを組み込むというGoogle拡張機能を元にしたツールなので、当然すべての商品が掲載されたAmazon内でリサーチすれば、掲載情報はリアルタイムでチェックできますし、リサーチの取りこぼしもありません。

もしあまグラフでデータが取得できていない商品があったとしても、その時はモノレートやあまログを使って詳細なデータを取得すれば良いだけなので余分な時間が一切かかりませんね。

 

月額のコストだけを考えれば「支払うのに勇気がいるな・・・」と思うかもしれませんが、あまグラフ(プレミマム版)には20日間の無料期間があるので、「ツールあり」と「ツールなし」で、1時間で何商品リサーチできるのか比較してみると良いですよ!

結局やってみないと分からないと思うので、まずは導入してみて、「これは費用対効果が高い!」と思ったら是非導入を検討してみてください!

 

2015-08-22_181031

あまグラフ(プレミアム版) 4980円/月額

 

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Return Top