EC研究所

EC運営者のための劇的な売上UPに繋がる情報サイト

『エコムー便』FBA納品が160cmサイズ980円で送れるサービス

『エコムー便』FBA納品が160cmサイズ980円で送れるサービス

こんにちは、EC研究所の編集長オカダです。

今回はAmazon出店者向け、FBA納品時の運賃コストを安くする物流ソリューション「エコムー便」についてご紹介します。

エコムー便

最近AmazonではよりFBAを利用してもらうための施策として、FBA納品時の送料を安く抑えるためにFBAパートナーキャリアJITBOXチャーター便など協力会社を増やしています。

弊社では各運送業者と運賃契約を結んでいて比較的安価にしてもらっているのですが、今回ご紹介する「エコムー便」は弊社契約の運賃と比べてもなかなか良い勝負されている格安サービスです(汗)

 

最近はAmazonに限らず、楽天市場やYahoo!ショッピング、BASEなど出店するだけで、いきなり格安運賃を契約できるサービスがあるので、新規出店者がこれからECビジネスに参入するのもハードルが低くなってきていますね。

 

エコムー便とは?

エコムー便は、Amazon出展者向けFBA納品専用の格安配送サービスです。

通常の運送業者と同じように電話すれば集荷しにきてくれることはもちろん、決済方法はクレジットカード、銀行決済、コンビニ決済と決済方法も豊富です。

配送提携先は佐川急便なので、品質やスピードは業界トップクラスなのも安心ポイントです。

 

エコムー便の料金体系

エコムー便はサイズ別に料金を設定しておらず、ダンボールサイズ160cm以内、30kgまでの荷物を下記料金で提供しています。

エコムー便料金体系

配送元地域によっては差はあるものの、関東、信越、東海、北陸地域からの配送であれば、多くのフルフィルメントセンターへの運賃が980円でカバーされています。

「これでエコムー便は利益が出るのか?」と不安になりそうなくらい割安な価格設定です。

 

エコムー便の配送提携先が佐川急便になので、FBA納品以外にも並行して佐川急便を利用すれば、集荷もスムーズで配送効率が上がるでしょう。

 

エコムー便の注意点①「配送先がAmazonのみ」

エコムー便を利用する際の注意点としては、まず配送先がAmazonフルフィルメントセンターに限られるということです。

他業者やエンドユーザー向けには荷物を送れないので、現在Amazonにしか出店していない事業者も、今後Amazon以外で販売することを見据えている方は別途運賃契約を結ぶ必要があるでしょう。

 

エコムー便の注意点②「160cm以下の荷物も980円かかる」

エコムー便は160cm、30kgまでの荷物であれば、多くのフルフィルメントセンターに980円で送ることが可能です。

しかし、納品する商材や時期によっては、160cm以下の段ボールでFBA納品することもあるかと思います。そんな場合であっても、エコムー便では160cm以下の荷物を送る場合は一律料金の運賃がかかってしまうこともあるので注意しましょう。

160cmギリギリの荷物を送る場合は運賃コストは割安ですが、それ以外の荷物を送る場合は自社契約運賃で配送コストを削減しましょう。

 

エコムー便の注意点③「決済が1回ごとに必要」

エコムー便では1荷物を送るごとに決済が必要になります。

配送業者との契約であればほとんど場合「末締め翌月支払い」など決済を保留できますが、エコムー便では1回1回の配送毎に決済をしなくてはならないのは少し面倒です。(ここは今後改善されることを望みます!)

 

FBA納品は納品数が多くなるとかなりコストが膨れ上がる部分なので、エコムー便など便利なサービスを使いながら費用対効果が高いのかどうかチェックして導入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

コメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. エコムー便の運営管理者の田中と申します。
    コメント欄に書き込み申し訳ございません。
    この度はこのような記事を書いていただき、驚いております。
    感謝申し上げます。
    今後ともよろしくお願い申し上げます。
    親サイト
    http://www.eco-moving.net

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Amazon販売ノウハウ

【カテゴリ別】アマゾン出品禁止ブランド「並行輸入品」まとめ

【カテゴリ別】アマゾン出品禁止ブランド「並行輸入品」まとめ

  こんにちは、EC研究所の編集長オカダです。 本記事ではアマゾン販売で意外と知られていない『並行輸入品 出品禁止ブランド』についてお伝えしていきます。 アマゾンでは、メーカー側から並行輸入品の取扱を禁止しているブランドが多数存在...
Return Top