EC研究所

EC運営者のための劇的な売上UPに繋がる情報サイト

[Amazon回答あり] アマゾンFBA納品先変更について(2015年6月~)

[Amazon回答あり] アマゾンFBA納品先変更について(2015年6月~)

 

こんにちは、貿易コンサルタント&EC戦略アドバイザーの岡田です。

 

今日は先日アマゾンから正式に発表があった「アマゾンFBA納品先の変更」について詳細をお届けしたいと思います。

販売側としては嬉しくないニュースかと思ったのですが、上手く使えば今以上に効率よく運営できるようになりそうなので、

ライバルに遅れを取れないためにも必ず覚えておきましょう!

 

アマゾンから届いたメール内容を確認してみよう

 

重要フルフィルメント by Amazon61より納品FC変更なります
平素はフルフィルメント by Amazon(以下、FBA)をご利用いただき誠ありとうございます

現在、納品元住所の最寄りのフルフィルメントセンター(以下、FC)納品として指定されております2015年61より購入者の需要分布と各FCの在庫のバランスなどより最適な納品FC指定されるようなります小型/標準・大型サイズの商品は、納品FC毎回変わりますのでご注意ください。

この変更より、出品者様のFBA商品首都圏・関西圏・名古屋圏・北九州圏で当お急ぎ便対応できるようなりAmazon直販部門と同等のスピードでお客様商品をお届けできるようなります。 また、複数のFCへ在庫を配置しておくことより台風や大雪などの自然災害時おける配送遅延のリスクを減らすこできます

 

このメールの中で特に重要なのは、今後FBA納品ごとに納品先FC(フルフィルメントセンター)が変わってしまうことです。

今までは扱う商材のほとんどが小田原FC(神奈川県)へ納品できていたのですが、それが今後はできなくなる可能性があるということですね。

 

関東圏に住んでいる方にとっては、

「いままで小田原(神奈川県)までの送料は安く済んでいたのに、今後は堺(大阪府)まで送らなくてはならず送料が倍かかる!」

といったことも生じる可能性があります。

 

2015年6月1日以降の納品先FC一覧

 

では、これまでの納品先FCと2015年6月1日以降の納品先を一覧で見ていきましょう。

 

【2015年5月末までの納品先FC】

※納品元住所の最寄りのFCを、アマゾンが自動的に決定

 

2015-05-23_100200

 

【2015年6月1日以降の納品先FC】

 

※アマゾンの需要分布と各FCの在庫のバランスにより、最適な納品FCをアマゾンが自動的に決定

2015-05-23_094707

 

大きな変更としては、(上記図には記載がありませんが・・・)今まで別の納品先を指定されていたメディア商品も

ファッション以外の商材と同じ納品先FCになります。

 

また、今までは小型・標準サイズと大型サイズの商品が異なる納品先に分かれていたのが、

鳥栖(佐賀県)と多治見(岐阜県)においては、小型~大型のいずれも混載して納品を受け入れることが決まりました。

(↑テクニカルサポートからの回答)

 

ただし、小型・通常サイズを納品する場合のFBA規定の段ボールサイズ60*50*50の縛りがなくならない限りは、

大型サイズと一緒のダンボールで納品することができない可能性もありますね。

 

FBA納品先FC 分布地図

 

2015-05-23_104140

 

FBA納品先が分かれるということであれば、

事業所がどこにあるかでFBA納品の際にかかる送料が異なってくるということ。

 

私の場合は、全国一律の特別運賃契約を結んでいるので、あとは納品受領までのスピードだけですが、

契約によっては地域ごとに送料がかなり違ってくる方も多いはず。

 

いまの運賃契約状況の見直しを含めて、再度運送業者に契約交渉をしてみるとよいですよ!

 

※ゆうパックも2015年8月1日以降、運賃の値上げが実施されるので今のうちになるべく有利な契約を結んでおくことが必要です

2015年8月1日以降、ゆうパック運賃値上げについて

 

FBA納品先の固定申請について

 

このアマゾンの大規模なルール変更ですが、その中には「FBA納品先を固定できる」というサービスも展開されました。

 

例えば、東海地域に住んでいる方で、「ファッション商品は扱わないけど、大型商品はたまに扱うことがある」という人は、

多治見FC(岐阜県)にFBA納品先を固定することで、いままでFBA納品先が分かれていた小型/通常サイズと大型を混載して納品できるようになります。

 

【FBA納品先固定の申請方法】

1.セラーセントラル画面最下部の「テクニカルサポート」をクリック

2.「Amazon出品サービス」→「フルフィルメント by Amazon」→「その他FBAに関する問題」をクリック

3.Eメールまたは電話で、FBA納品先固定に関するメッセージを送りましょう

 

 

FBA納品先固定の注意点

 

FBA納品先(FCは)の固定に関しては、現在は無料サービスですが、

今後は別途手数料を徴収されることになっています。

 

2015年6月1日時点では、納品先FCを固定する手数料は発生しませんが、

2015年10月以降、納品先FCを固定する場合は、日本でも手数料が課される予定です。

手数料については、詳細が決まり次第お知らせいたします。

by Amazon

 

FBA納品に関する質問&Amazon回答まとめ

 

おそらく”手数料”という文面から、1納品ごとに数百円とかそういう感じになるかと思います。

数百円かかっても納品先が固定されるなら、おそらく費用対効果は良いはずですけどね!

 

どちらにしても高額にならないことを祈ります!

 

 

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Return Top