EC研究所

現役EC運営者によるEC運営に役立つ情報を提供するサイト

2015年以降の転売ビジネスも稼ぎ続ける2つの方法とは?

2015年以降の転売ビジネスも稼ぎ続ける2つの方法とは?

 

海外居住者向け、日本のネットショップから購入代行&転送サービス「SAMURAI BUYER」開始

 

こんにちは、岡田です。

 

中国輸入ビジネスを展開する人には馴染みがあるかもしれませんが、

日本にいながら中国ECサイトの商品を輸入代行してくれるタオバオ新幹線を運営する株式会社BUSHIDOが、

海外にいながら日本の商品を輸入できる「SAMURAI BUYER」という新サービスを始めました。

 

モノに国境という概念がなくなってきており、輸入の知識がなくても個人が簡単に海外から商品を購入できるサービスが輸出入共に整ってきていますね。

 

世界中にプラットフォームを持つAmazonも海外と海外を繋ぐ物流サービスの試験的に進めていますから、

Amazonを利用して海外製品をいとも簡単に入手できる時代がやってくることでしょう。

 

そして、この傾向は実は僕たち輸入業者には結構な恐怖になります。

特に今アメリカ輸入で並行輸入品を扱っている人はかなりのこの傾向はかなりの恐怖です。

 

そもそも僕たちがそうであるように、並行輸入は誰でも手に入る部類の商品です。

これを輸入の知識がない一般消費者でも利用できるようになれば、並行輸入品という部類の市場は極度に縮小せざるをえないからです。

 

今でさえアメリカ輸入は転売ビジネスの中でも激戦区と言われ、

直接交渉や独自の仕入れルートがないと利益を出していくことが難しいと言われています。

そして、さらに市場が縮小傾向に迎えば、そこで生き残るのは資本力のある企業だけになってきますね。

 

では、今後も転売ビジネスで収益を出していくためには何が必要でしょうか?

 

1.付加価値による差別化

 

まず第一に、「付加価値による差別化」が必要になってきますね。

例えばもっとも参入障壁が低く、稼ぎやすいプラットフォームとされるAmazonでは付加価値による差別化をすることは難しいです。

 

「ストアで独自の保証を付ける」などの方法はありますが、これにも寿命がありますからね。

まず付加価値の差別化を考えるのであれば、プラットフォーム依存型のビジネスから脱却する必要があります。

 

確かにAmazonや楽天などの集客力というのは、他を圧倒的に突き放していますが、

そこで購入してくれたお客様というのは、あなたの顧客ではなくあくまでAmazonや楽天の顧客なのです。

 

・Amazonというブランド

・楽天というブランド

 

上記以外の安心材料以外にあなたから商品を購入する理由はありません。

となれば、Amazonや楽天に勝てる材料をいち早く見つけ、そこを伸ばしていくしかありません。

 

Amazonや楽天に勝てる材料とは、例えば梱包材に工夫をして「ストアの人間味」を出したり、

直接顧客と電話して商品の説明をするなど「顧客満足度」を上げるなどです。

 

ここらへんはストアによって戦略は違いますが、

顧客は人間ですからシステムでまかなえないところを狙っていく必要がありますね。

 

2.ペルソナの設定(より詳細なターゲティング)

 

ペルソナとは、そのストアにとってターゲットとなる人間像のことを言います。

ターゲティングのことですね。

 

このターゲティングは非常に重要で、例えば三菱商事の初の社内ベンチャー「Soup Stock Tokyo」はより詳細なペルソナを設定して、

創業わずか10年で、売上高42億円、52店舗と成長を続けています。

 

では、Soup Stock Tokyoはどのようなペルソナを設定したか。

彼らはペルソナとして「秋野つゆ」という人間像を設定しました。

 

「秋野つゆ」とは37歳の女性で、都心で働くキャリアウーマン。

特徴は、独身か共働きで経済的に余裕があり、シンプルでセンスの良いものを追求するタイプでこだわりがある。

また社交的だが自分の時間を大切にし、人生を楽しみたいという人物設定がされている。

 

より良いターゲティングはここまで設定するんですね。

よく成功していないネットショップでは、ペルソナの設定が単に「20~30代の女性」「ペットを持つ女性」など漠然としていることが多いです。

 

考えてみれば分かることですが、小型犬を飼っている顧客がエサを買おうとネットサーフィンしている時に

・犬専門店

・小型犬専門店

のどちらを選ぶかと言えば、おそらく2番目のほうが顧客の流入率は高まります。

 

経営者としてはより多くの顧客を獲得しようと入り口を広くしたい気持ちも分かりますが、

「犬専門店」としてしまうことは集客においては逆効果になるということですね。

 

上記では今後物販ビジネスで収益を安定させる主な方法を2つだけ紹介しましたが、

付加価値の差別化は他にも戦略はたくさんあります。

 

単に物流における国境のボーダレス化の影響を受けない商品を扱えば良かったり、

中国でオリジナルの商品を製造&販売したりすれば良いだけです。

 

物販と言ってもEC販売は、ITビジネスの中の1つで成長スピードが非常にはやいです。

どんどん人がやらないことを推し進めていく必要がありますね!

 

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Amazon販売ノウハウ

Return Top