EC研究所

現役EC運営者によるEC運営に役立つ情報を提供するサイト

【音声】経営者目線で見た「仕事ができる人、できない人」の違いとは?

【音声】経営者目線で見た「仕事ができる人、できない人」の違いとは?

 

こんにちは、岡田です。

今日は「仕事ができる人、できない人の違い」という内容でお伝えしていきます。

 

この議論に関しては、ブログやニュースサイトなどで度々議論がされてきましたが、

「アイツは仕事ができる人間だ!」と判断を下すのは、ブロガーやニュースサイトの編集者、または社内の上司でも、部下でもありません。

 

仕事のできる、できないの判断は、あくまでビジネスを仕切っている企業のトップ「経営者」であり、

だからこそ企業の長期的な継続&発展を視野に入れた目線で、正確に「働く人」を判断できています。

 

では、その経営者から社員を見た時に、

・仕事のできる人間

・仕事のできない人間

の違いは何なのでしょうか?

 

下記音声では、経営者が持つべき長期的視野からビジネスを見た時に、

「仕事ができる人間」「仕事ができない人間」の違いは何なのか?についてお伝えしています。

 

経営者が社員を評価するときに、何をもって事業を任せられる人間と判断するかの参考にしてみてください。

 

経営者目線で見た「仕事のできる人、できない人」の違いとは? (ダウンロードはコチラから)


 

 

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Return Top