EC研究所

現役EC運営者によるEC運営に役立つ情報を提供するサイト

ホームページ作成機能付き無料レンタルサーバー「Hostinger」

ホームページ作成機能付き無料レンタルサーバー「Hostinger」

 

無料レンタルサーバー「Hostinger」の6つの特徴

・無料(広告なし)

・2000MB容量

・データ転送量100GB

・ホームページ作成ツール

・PHP

・MySQL(※MySQLとは?

 

 

こんにちは、貿易コンサルタント&EC戦略アドバイザーの岡田です。

 

今日は最近プログラマーや技術者の話のネタになっている

無料レンタルサーバー「Hostinger」についてお伝えしていきたいと思います。

 

 ※Hostingerの詳しい使い方はコチラがオススメです

 

 

サーバーとは、ホームページを公開するデータをアップロードしたり、メールや画像などのデータを保管することができる場所のこと

 

 

有料サーバーの中で一番有名なのは、おそらく高速・安定・多機能な「Xサーバー(月額:1200円~)」で実際に私も本wordpressサイトで使っているサーバーですが、

未だ自身でホームページを作ったことがない方にとっては、「サーバーってなんだ?」「Wordpressの作り方知らないぞ?」ということで、

サーバー契約してもなかなかサイト運営までもっていけない方も多いと思います。

 

 

実際いま見ていただいているサイトは、私がXサーバーに契約してwordpressで作った初めてのサイトなのですが、

正直最初は今見ていただいているカタチにするまでにかなり苦労しました。汗

 

 

一度目はサーバー契約(3ヶ月)したはいいものの、FTP(≒サイトをウェブ上に公開するためのソフト)を設定することができず、サーバー契約を解除。

初期費用もかかったので、7000円くらいは水の泡になって消えさりました。

 

 

そして、やっぱりサイト運営くらいはできるようにならなければと思い、数カ月後に改めてXサーバーと再契約。

 

2~3ヶ月かけてやっとサイトをweb上に公開できるようになり、

そこからさらに1~2ヶ月かけてwordpressの中身を多少いじれるようになりました。

 

 

ここまでくるのにおそらく1万円以上は溝に捨てているようなもので、当時このHosgingerを知っていれば、

「一切お金を使うことなくサイト構築の練習&運営できたのにな」と思って、やはり知っていることは重要なんだなと思いましたね。

 

 

私の読者様は、物販ビジネスをメインでやられている方が多いので、

今日の話は「ん、畑違いか?」と思うかもしれませんが、そうではありません。

 

 

むしろ、サイト運営は今後の物販ビジネスでかなり強力な武器になります。

 

 

オウンドメディアを持っている者が勝つ!

 

「オウンドメディア(owned media)」という言葉を知っていますか?

 

その名の通り、自身が所有するメディア(≒サイト)という意味なのですが、

最近はこのサイト運営形態が重要視されています。

 

 

ECサイト運営では「プラットホーム型(Amazonや楽天等)サイト運営は、アカウントリスクがあって危険!」と言われ、

ネットショップ運営にできるかぎり早く移行した方がいいと言われてきました。

 

ただし、これはネットショップ運営だけでなく「集客用のサイト運営」でもまったく同じことが言えます。

 

 

アメブロ、Facebook、Twitterは、ネットショップ運営に欠かせない集客サイトになりうるサイトですが、

最近では並行輸入品廃除の動きや商品画像の著作権が指摘され、 アカウントが削除されたという話をよく聞きます。

 

 

これらのプラットホーム型のサイトも、Amazon出店、楽天出店と同様、

成長させるまでにはかなりの労力と時間を要する一方、一度削除されたら弁明の余地はなく何の情報提供もなく永久追放です。

 

 

このような最悪の事態から脱却するためには、一刻も早くオウンドメディアを構築し、

時間をかけてネットショップへ誘導するためのサイトを構築する必要があるでしょう。

 

 

私の記事を公開しているサイトは、キーワードに対するボリュームがそれほど多くないので時間が経ってもアクセスが思うように集まりにくいですが、

あるブランドに特化してネットショップを運営している方などは、キーワードがヒットしやすく、サイト構築から間もない時でもアクセスも集まりやすいです。

 

 

特にまだまだオウンドメディアの認知度が低い今のうちからサイト運営を始めれば、

他社の追従を許さぬ、強力なサイトを作ることができますよ!

 

 

ネットショップ運営は最初なかなか手がつけにくい分野ではありますが、

新しいことに時間を回せる余裕があるのであれば、一刻も早く挑戦してみることをおすすめします!

 

 

 

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Amazon販売ノウハウ

Return Top