EC研究所

EC運営者のための劇的な売上UPに繋がる情報サイト

「ネットショップ✕Canvathオリジナル商品」で利益率をアップさせる戦略

「ネットショップ✕Canvathオリジナル商品」で利益率をアップさせる戦略

 

オリジナル商品を簡単に作ることができる「Canvath(キャンバス)

 

こんにちは、貿易コンサルタント兼EC戦略アドバイザーの岡田です。

 

今日はオリジナル商品を扱うことができるCanvath(キャンバス)というサービスを使って、

利益率をアップさせるネットショップ戦略を考えてみたいと思います。

 

私の記事を読んでくれている方の中には、「集客」がほとんど必要ないAmazonや楽天など依存型プラットフォームの販売だけでなく、

月額のランニングコストや販売手数料などの制限がほぼない、ネットショップでの販売を考えているひとも多いと思います。

 

といっても、既に社会的信頼性の高いAmazonや楽天を使わずに、

消費者にわざわざ自社ネットショップから商品を買ってもらうためには様々な工夫が必要です。

 

今日はその中でも最も大切な「ネットショップのブランディングの工夫方法」について解説していきたいと思います。

 

 

ネットショップのブランディングの必要性

 

一口に「ネットショップのブランディング」といっても、

「ネットショップにブランディングなんて必要なの!?それよりも売れる商品を増やした方がいいんじゃないの?」

と考える方も多いことでしょう。

 

しかし、私が常にお伝えしているように

「モノは良いから売れるんじゃない。モノは良さそうに見えるから売れるんだ!」

という概念を知っていれば、この疑問はすぐに解消できるかと思います。

「そもそもの話…なぜモノが売れるのか?(音声)」で解説

 

 

では、具体的な事例に入ってきましょう。

 

例えば、あなたが今現在ネットショップだけでなく、Amazonや楽天にも出店しており、

販売している商品がほとんど同じという状況を考えてみてください。

 

そこでは、自社ネットショップにある簡単な工夫を凝らすだけで、

Amazon、楽天からでなく、最も利益率の残るネットショップからの注文を増やすことができるようになります。

 

 

ネットショップから買ってもらう「ある工夫」

 

この工夫というのは、「ネットショップでしか取り扱わない限定商品を販売すること」です。

 

例えば、上記でご紹介したCanvath(キャンバス)でショップロゴを入れた

オリジナル商品をネットショップ限定で販売するのです。

 

 

これは限定商品をネットショップだけで取り扱っているほうが、

消費者からしたら「あ、ここは本家のサイトなんだ。じゃあ、せっかくならここから商品を買おう」という考え方にも繋がりやすいためです。

 

 

最近だとSONYが、「SONY本家サイト」からしか購入できないPS4本体の限定モデル を販売していましたが、

これは収益の問題などは度外視で、「PS4はSONYで作ってるよ~。」というブランドイメージを作るためだったりします。

 

 

中小企業では、手数料のかからないネットショップ(=本家サイト)で販売することで収益を上げる努力をしますが、

SONYなどの大企業では収益性の確保ではなく、ブランドイメージの向上のために限定販売しているのですね。

大企業では、ブランドイメージの向上を誘致した方が売上が上がることを知っているためですね。

 

 

価格<サービス重視のお客様が理想

話を戻しましょう。

 

オリジナル商品をネットショップ限定で販売することで見込み客をネットショップに誘導し、

収益性の高い販売ができることをお伝えしました。

 

そして、実はこういうお客様はショップにとって「理想のお客様」で、リピーターにもなってくれやすかったりします。

 

「価格」のみを重視して商品を購入する人は、あくまで「価格重視」のモノの買い方をするので、

いくらサービスが良くても購入商品以外の商品がAmazonや楽天の方が安ければそちらを選びます。

 

 

一般的には、(私を含め)価格最優先のお客様が最も多い(←あらゆるサイトでデータが出ています)なので、

そうではない「価格<サービス」を選ぶ少数のお客様をいかに獲得できるかは、

収益の安定に繋がりやすい「リピート販売」を目指すネットショップでは非常に重要な鍵になるのです。

 

もちろんこれは1つの傾向としてお伝えしているので、すべての人がそうであるとは言えませんが、

お客様をタイプ別に認識できるようになれば、シチュエーションごとで経営判断もしやすくなることでしょう。

 

 

まとめ

 

ネットショップで収益を上げるためには、やはりAmazonや楽天では手の届かない痒いところを突きながら、

かつ着々とブランドイメージを向上させてファンを増やしていくしかありません。

 

ファンができれば、新製品を出す前から売れるような仕組みも作れるようにもなります。

すぐには到達できないことですが、10年も20年もかかることではありません。

 

長期的なビジネスを築き上げるためにも、信頼のサービスを継続していきましょう。

 

[ssm_form id=’310′]

 

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Amazon販売ノウハウ

Return Top