EC研究所

EC運営者のための劇的な売上UPに繋がる情報サイト

「○○便」を使ったFBA保管料節約術とは?

「○○便」を使ったFBA保管料節約術とは?

 

こんにちは、貿易コンサルタントの岡田です。

今日は私がちょくちょくやっているFBA保管料節約術についてご紹介していきます!

 

FBA保管料って(私を含めて)あんまり気にしていない人もいるかと思いますが、

例えば、僕の場合FBA在庫数は8000個近く納品しているので、保管料も度外視できない数字になってきています。

 

私の場合、在庫回転率(年間)は9~10回転くらいで、月間に売れる商品数に対して、在庫数は平均で1.3倍くらいの在庫量を持つようにしていますが、

比較的大きい商品なんかは1カ月はFBA倉庫で眠っていると、それだけで保管料が結構かかってくるんですね。

 

2016-04-30_151509

FBA保管料計算ページ

 

例として、月間100個売れる30×30×10cmの商品があったとします。

私の場合1.3倍の在庫数を持つとすれば、1カ月に130個の在庫量を持つことになります。

 

月間100個売れても、30個はFBA倉庫に眠っていることになりますから、

1個あたりの月間保管料73円×30個=2190円は何もせずにかかっている計算になりますね。

 

これが10商品あったら 21900円。30商品あったら 65700円の出費です。

うーん、結構もったいない数字ですよね。

 

小さい商品のFBA保管料はほとんど気にしていませんが、比較的大きい商品は納品のタイミングも考えたいところ…。

ここで私がよくやっているFBA保管料節約術の登場です!

 

やり方は非常に簡単。

納品時に「お届け指定便」でFBA納品するだけです。

 

お届け指定便とは、本来お客さんが自宅にいるときに荷物を届けてほしいということで指定する便のことですが、これFBA納品時にも使うことができます。

 

「お届け指定便」はたいてい10~日2週間後くらいまでは、配送業者の倉庫で預かってくれるので、

事務所に商品を置いておかなくていいですし、お届け指定便は手数料がかからないので、FBA保管料や倉庫料を考えるとかなりお得です。

 

最初の2~3週間分は通常納品して、後半2~3週間分の在庫は「お届け指定便」を使うのが効果的です。

もちろん指定した納品日では在庫数が間に合わないと判断すれば、到着する日付を変更してすぐに送ってもらうこともできます。

 

小さい商品は保管料がそれほどかかりませんし、この指定便ばかり使っていると、在庫管理が煩雑化するので、

私の場合は大きい商品のみに絞ってお届け指定便を使うようにしています。

 

これだけで結構利益は残るようになると思いますよ!

結構使っている人もいるかもしれませんが、まだ使ったことがない人はぜひ試してみてください!

 

 

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Return Top