EC研究所

EC運営者のための劇的な売上UPに繋がる情報サイト

Amazon新機能「数量限定タイムセール」広告について

Amazon新機能「数量限定タイムセール」広告について

 

こんにちは、貿易コンサルタント&EC戦略アドバイザーの岡田です。

今日は未だ情報の少ない「Amazonタイムセール広告」に関して私の経験則に基づいてお話しします。

 

Amazon数量限定タイムセールとは

Amazonの数量限定タイムセールは、毎日0時にセール商品が更新される特設ページに自社商品を掲載できる「デイリーセール」のことです。

2016-08-04_025651

Amazonトップ画面の「タイムセール」からその日のセール商品が見れます
2016-08-04_025737

タイムセール商品のページ内では、カートボックスに「タイムセール価格」が表示されており、セール価格が適応される在庫数が表示されています。(この商品の場合、セール商品は15個で早い者勝ちです)

 

Amazon数量限定タイムセールって売れるの?

まずAmazonセラーにとって販促ツールが増えたのは喜ばしいことですが、こういった疑問も生まれるはず…。

「Amazonのタイムセールって売れるの?」

 

商品カテゴリに依りますが、Amazonのタイムセールは爆発的に売れます。

ただしAmazonタイムセールの特設ページを見る人は、何か特定の商品をほしいと思って見ている人は少ないので、特定の人にしか売れないような商品ではなく、万人に売れるような商品を狙うと良いでしょう。

私の場合は、先月タイムセールをかけたら日商100万円以上の売上を上げることができました。

 

Amazon数量限定タイムセールへの6つの申請条件

タイムセールが売れるなら「私もやろう!」ということになるのですが、Amazonのタイムセールに掲載できる商品や最低価格設定というのは決まっています。

  • FBA商品であること
  • 通常販売価格の割引率20%以上で販売する必要がある
  • 最低数量も商品ごとに決まっている
  • (具体的な数字は非公開) 商品レビューが高い商品であること(※評価が悪いとタイムセール申請できません)
  • バリエーション商品を申請する場合、全体の70%以上のバリエーションを申請する必要がある(10バリエーションあるなら、7バリエーション以上)
  • たばこ関連商品すべて、アダルト商品、下着、水着、医療機器、薬品はそもそも申請できない。

あと、実際にタイムセール可能商品を見ていると、商品ページが制作された期間が長ければ長いほど申請できる商品になっている傾向があります。

 

「注意点」申請~タイムセール販売当日までが長い

タイムセール広告は商品によっては爆発的に商品を売ることができるのですが、その一方で申請してからタイムセール販売当日までの期間が長いです。

だいたい2週間以上先の期日で申請するので、在庫補充のタイミングなどが難しく最初は手こずるかもしれません。

 

また、申請期日は週単位で選択できるのですが、タイムセール自体は1週間のうち通常1日で終了します。

どの日にタイムセールが行われるか確認ができないので、いきなり商品が売れるとびっくりします。

 

Amazonセラーセントラルには、スケジュール管理機能が大々的にあるわけではないので、Googleカレンダーなどを使いながらタイムセール機能をうまく使っていくとよいでしょう。

ぜひ参考にしてください

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Return Top