EC研究所

EC運営者のための劇的な売上UPに繋がる情報サイト

[中国輸入ビジネス] 不良品の取り扱いについて

[中国輸入ビジネス] 不良品の取り扱いについて

 

こんにちは、貿易コンサルタントの岡田です。dd

突然ですが、皆さんは不良品どうしていますか?

 

中国輸入をやっていると不良率って結構高くて、日本で作ると不良率1%未満というのは最低基準なのですが、中国だと割と有名なメーカーでも不良率2,3%くらいはあります。

※タオバオ、アリババだと物によっては不良率5~50%くらい

 

弊社の場合、不良率や購入者からのクレーム内容をまとめて随時メーカーにレポート&改善してもらっているのですが、出た不良品に関しては「返品不要で全額返金」を基本ルールにしています。

それ以前に不良品って、いわば私たち小売業者にとって「死に金」どころか「毒金」なんです。

 

メーカーや工場によっては1年保障ということで、一定期間まとめておいた不良品を中国へ送り返すと不良品の数ぶん、新しい商品をくれたりすることがあります。

しかし、実はよく考えるとメーカー保障ってなんでもなくって…汗

 

日本のお客さんから不良品を回収するのに、

(例)

①クロネコ着払い(約600円)×不良品の数
②日本→中国までの国際送料
③返品された商品管理の労働費用

がかかるので、よほど高額で売る中国商品でなければ、わざわざ不良品を回収しても+-ゼロなんですね。

ということで、不良品は「死に金」以上に金喰う虫なんです。

 

不良率ってあんまり見ていない人が多いと思いますし、FBAとかだと特に返品はすべてAmazonがやってくれるので見てないと思いますが、ビジネスレポートで日々の返金率って見れるので随時見てみるといいですよ。

では

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Amazon販売ノウハウ

Return Top