EC研究所

EC運営者のための劇的な売上UPに繋がる情報サイト

アマゾンページにモノレートなどの直リンクを表示できる拡張機能「ショッピングリサーチャー」

アマゾンページにモノレートなどの直リンクを表示できる拡張機能「ショッピングリサーチャー」

 

こんにちは、貿易コンサルタント&EC戦略アドバイザーの岡田です。

 

今日はアマゾン商品ページにモノレートなどのリンクを表示できる「ショッピングリサーチャー」のご紹介です。

 

今までは色々な拡張機能を駆使して、価格変動やランキングを追っていたと思いますが、

このショッピングリサーチャーはほとんどのサイトへのリンクを含んでいるので、これさえあれば他の拡張機能は要らなくなりそうですね。

 

 

ショッピングリサーシャーからのリンク一覧

 

ショッピングリサーチャーで直リンクを表示できるサイトは、以下のサイトです。

 

・モノレート

・Yahoo!ショッピング

・ヤフオク!

・楽天

・FBA料金シミュレーター

・アマゾン新品出品者ページ

・アマゾン中古出品者ページ

・アマゾンFBA出品者ページ

・プライスチェック

・Takewari

・ASIN

・EAN

・Price Traceker(価格変動グラフ)

・国内ECサイト最安値一覧

 

国内転売、輸入、輸出なんでも使えるので、無料なのに多機能で便利ですね。

 

 

よく使うサイトだけ表示することも!

 

ショッピングリサーチャーでは、よく使うサイトのみをアマゾン商品ページに表示することも可能です。

 

2015-06-12_094104

 

 

GoogleChrome画面右上に表示されたショッピングリサーチャーのボタンをクリックすると、

表示するサイトのチェックリストが表示されます。

 

ここで表示させたいサイトのみをチェックを入れてください。

※2015年6月現在「価格変動グラフ」と「国内ECサイト一覧」は非表示設定ができません

 

 

おそらくアマゾンを主な販路としている輸入ビジネス実践者であれば、よく使うサイトは以下のものでしょう。

・モノレート

・プライスチェック

・FBA料金シミュレーター

 

 

アマゾンを主な販路としている国内転売実践者であれば、以下のサイトがオススメです。

・モノレート

・プライスチェック

・ヤフオク!

・FBA料金シミュレーター

・国内ECサイト最安値一覧

 

 

「アマゾンで一括検索」「CSV出力」機能

 

個人的に今までの拡張機能になくて、ショッピングリサーチャーにある機能として、

「アマゾンで一括検索」「CSV出力」機能があります。

 

2015-06-12_095232

 

「アマゾンで一括検索」では、今表示している商品すべて(?)をモノレート(旧名:Amashow)で表示することができます。

 

画面右上に表示される「Amashowで一括検索」ボタンを押してみてください。

 

2015-06-12_095457

 

商品ページに表示されていた商品すべてのデータが、モノレートで表示されました。

 

 

また、これらのデータはCSVでも出力することができます。

画面右上の「CSV出力」ボタンを押すと、以下のような画面が表示されます。

 

2015-06-12_095820

 

 

CSVでデータを見ることは少ないかも知れませんが、

一括でデータを取得したい時などは便利な機能ですね。

 

 

1つだけデメリットを挙げるとしたら・・・

 

無料で多機能な拡張機能でこの上なく便利なツールですが、

1つだけデメリットを挙げるとしたら、多機能すぎて「リンクボタンの表示」が遅くなってしまうことです。

 

 

モノレートだけをアマゾンページに表示できる拡張機能「アマゾン商品ページにモノレートへのリンクを追加」は、

ページ表示後「約1.5秒」で表示されますが、ショッピングリサーチャーは、ページ表示後「約4~5秒」で直リンクボタンが表示されます。

 

PC環境にもよると思いますが、いずれの環境でも他の拡張機能に比べて表示が遅いことは間違いないでしょう。

 

 

 

 

これは人の好みによると思いますが、私の場合はこの数秒がストレスなので、

アマゾン商品ページにモノレートへのリンクを追加」のみを使うようにしています。

 

ぜひ参考にしてみてください

 

[optin-cat id=3604]

 

 

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Amazon販売ノウハウ

Return Top