EC研究所

EC運営者のための劇的な売上UPに繋がる情報サイト

武井壮が伝授!最強の短時間睡眠法「1日45分 リボ睡眠」で成功する方法

武井壮が伝授!最強の短時間睡眠法「1日45分 リボ睡眠」で成功する方法

 

 


私は武井壮が好きだ。

別にホ○ではない。だか、猛烈に好きだ。

 

大学時代当時まったくの素人だった陸上10種競技を、たった2年半で攻略しインカレ、日本選手権で優勝。

当時打ち立てた10種競技内の100m走10秒54は未だに破られていない大記録である。

 

ここで主張したいのは、武井壮が凄いとかそんな淡白な事実ではない。

本当に私たちが知るべきことは、「武井壮がいかに短期間で日本一の座にたどり着くことができたか」である。

 

武井壮とは異なるステージだが、ビジネスの世界にも、参入後短期間で成功をおさめる人間がいる。

果たして、何がそうさせるだろうか?

 

武井壮 最強の睡眠法「リボ睡眠」の秘密では武井壮が独自の睡眠法を解説しているが、私が睡眠法以上驚いたのは、

彼の「客観的視野」と「継続力」だ。

 

とにかく半端じゃない。
基本的に、経営者はその立場上叱ってくれる人がいないため「今日は身体がだるいな〜。

よし、今日の業務はこの辺で終わるか」が可能となる。
これは「主観的」に見れば、「働きすぎだな。今日は休もう」でOKだが、

これがあなたではなく、あなたの部下ないし従業員が同じ理由で仕事をほったらかしにしたら激怒するだろう。

他の経営者は知らないが、私はぶん殴る。(ウソです。ごめんなさい。)

 

ある程度組織化できていればそれも問題はないが、まだ結果の出ていない時期から自分に甘えているのは、

「利益をまったく生まない 【自分という従業員】 に、【時間というお金 を奪われている】」ということだ。

 

利益を生まないだらしない従業員に、あなたはお金を払うだろうか?

 

information-427515_1280

 

この話は「継続力」ともリンクしている。

 

ブログの更新が続かないのは、「今日は忙しかったから」などと主観的に自分を捉えて甘えてしまう結果だ。

とにかく何で成功したいのであれば、【自分を客観的に見るスキル】を養おう。

 

こんな誰でも伝えられる知識を情報販売しても全然売れないのは明白だから、成功しているビジネスマンもあえて言わないが、

成功している人は誰しもがこのスキルを持っている。

 

中卒だろうが、元工場員だろうが、留学経験者だろうが、元大企業幹部だろうが、

成功している人は100人中100人中持っているスキルだ。

 

伝えたいことがありすぎて、武井壮の存在が霞んだが、私が伝えたいのは結局「客観的視野」を手に入れようということだ。

 

、、、そして、武井壮がとにかく好きだ、ということだ。

 

 

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Amazon販売ノウハウ

アマゾン販売者向け新機能「商品紹介コンテンツ」の使い方

アマゾン販売者向け新機能「商品紹介コンテンツ」の使い方

  こんにちは、貿易コンサルタント&EC戦略アドバイザーの岡田です。 つい先日アマゾンより販売者向け新機能「商品紹介コンテンツ」が発表されましたね。   簡単に機能を説明すると、この商品紹介コンテンツを利用すると、 商品...
Return Top