EC研究所

EC運営者のための劇的な売上UPに繋がる情報サイト

【音声あり】2015年の輸入ビジネス予測とその対策

【音声あり】2015年の輸入ビジネス予測とその対策

 

こんにちは、岡田です。

 

今日は2014年の輸入ビジネスを踏まえ、2015年の輸入ビジネスがどのように変化していくか、

そして、2015年どうすれば輸入ビジネスで生き残れるか?について方法を解説していきたいと思います。

 

詳しい内容は音声でお話しますが、各輸入ビジネスについてのまとめを以下に記載しておきます。

 

 

2014年(現状)のアメリカ輸入

・Amazonでの相乗り出品では利益を出すことは難しい

・価格競争が中国輸入ビジネスよりも激しい(仕入れ資金がある程度ないと資金ショートが怖い・・・)

 

2014年(現状)の中国輸入

・商標登録はほぼ意味なし!商品登録するくらいなら仕入れ資金に回すべし

・新規出品が人気だが、OEM商品(ロゴ入れ商品、日本語パッケージ商品)はまだまだ少ない(←差別化できていない)

・アリババ、タオバオという仕入先から商品をHIT商品を見出すのが徐々に難しくなっている

 

 

2015年のアメリカ輸入の対策

・Amazon販売は「仕入れるタイミング」ではなく「売るタイミング」が重要

・相乗り出品ではなく新規出品をする(キャッシュ・フロー改善)

・ネットショップ等、差別化できるプラットフォームを作るべし

 

2015年の中国輸入の対策

OEM商品、日本語パッケージ商品はAmazonユーザーにウケが良い

・旧来からの手法「セット販売」は今後も有効

ゼロから商品を作ってみる(ODM)のもアリ

 

 

以上がまとめですが、音声にてより詳しい解説をしています。

 

【音声】これからビジネスを始める人のための「ビジネス学習方法」

⇛ダウンロードはコチラから


 

 

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Amazon販売ノウハウ

Return Top