どうしても名刺を渡さないといけない場合の対処法は?

Q.名刺を渡さないことが希少価値に繋がるという話には納得できるのですが、どうしても名刺を渡さないといけない状況に直面した場合はどうすれば良いでしょうか?


 

A.商業活動をしていれば、どうしても名刺交換をしなくてはならないことがありますよね。そんな時は、3種類の名刺を使い分けると良いです。例えば、相手のレベルによって渡す名刺を代えるということですね。

名刺使い分けの例

  • 本当に個人的に連絡を取り合いたい相手(立場的に上の経営者、専属士業の方など)
  • 商業活動として名刺交換をする必要がある相手(日本政策金融公庫、取引先など)
  • 個人的に取り合う必要のないその他

名刺ごとに記載情報を、個人の連絡先、会社の連絡先など分けることで、重要でない連絡は会社スタッフが、重要な連絡・やり取りはあなた自身が行うセグメント分けが可能になります。

最も時間的価値が高いあなた自身の時間を無駄にしないことは、会社の収益に直接的にも間接的にも影響を及ぼしますので、こういった工夫をして自身が関わる相手を選んでいく必要があります。

 

Similar Posts:

    None Found