【サイト売買・引き継ぎが可能】Amazonアカウント削除・停止でも安心なサービスを紹介

「サイト売買」「M&A」といった言葉を聞いたことはありますか?

サイト売買とは、売り主としてはすでに収益が出ているサイトを売却してまとまったキャッシュを得たり、買い手からは節税目的やサイト買収をすることで既存事業とのシナジー効果を期待できるなどあらゆるメリットがあります。

アフィリエイトサイトなどのサイト売買はよく聞く話ですが、あなたは「Amazonの出品者アカウント売買」というサイト売買を聞いたことはありますか?

そうです、今では単にホームページなどのサイト売買だけでなく、最近では販売用アカウントとしての「Amazonアカウント」も売買されていたりします。

Amazon出品者アカウントを買うメリット

では、なぜAmazon出品者アカウントをわざわざ「買う」のでしょうか?既にAmazon出品アカウント持っていたとしても、「自身で新たなアカウントを作成すればいいのでは?」と思うかもしれません。

しかし、運営歴のあるAmazonアカウントを購入することは、メリットもあるのです。

  • 出品者レビューがあり、見込み顧客からの信頼が最初から得やすい
  • 既存アカウントが突如として停止・剥奪された場合のリスクヘッジになる
  • すでに販売されている商品・事業と既存事業とのシナジー効果が生まれる(=時間の短縮や売上が上がる可能性がある)
  • (通販事業者にとって)アカウント売買による節税効果を期待できる

どうでしょう、こうして見るとアカウントを購入するメリットは色々ありますね。

楽天市場・Y!ショッピングは売買不可能(ただし…)

楽天市場・ヤフーショッピングば事業売買による運営サイトの譲渡などはできませんが、運営会社が変わらず株主が変わることは企業としてよくあることですので、運営サイトを事業譲渡するのではなく、楽天市場・ヤフーショッピングを運営している企業をまるごと買収していしまえば問題ないですね。

実際、EC研究所の周りでもマルチプラットフォーム通販サイトを運営する企業買収は頻繁に行われており、既存事業とのシナジー効果も見込めて成功している企業も多いようです。

楽天市場(出店規約)はこちらから

Amazon出品者アカウントが必要な場合

既存Amazon出品者アカウントが停止してしまった場合

Amazon出品者アカウントは法的な侵害や出荷遅延率などの増加などにより、ある日突然強制的にアカウントが停止・剥奪されることでも有名です。(そして、そのアカウントが復活する確率はわずか10%未満だとかなんとか)

いくら悪気はなくてもAmazon側が「ダメ」と判断すればダメなのです。同じ企業情報などで新しくアカウントを作っても、IPアドレスや会社情報などから停止アカウントと自動的にひも付き、新規で作成した出品者アカウントも数時間~数日後には停止になります。

もし「既存Amazon出品者アカウントが停止してしまった!」ということであれば、新しい会社を設立して0からやり直すのも手ですが、今まで頑張って蓄えてきた出品者レビューなども0スタートになり、Amazon販売上不利になります。

であれば、Amazonアカウントの売買を行うことで、多少費用がかかっても「時間をお金で買う」というのは懸命な判断の1つでしょう。

別ブランドとして新規事業を始めたい時

戦略上「1アカウント=1ブランド」としてアカウントを運営したいと思う人は多いでしょう。

そして、「新規ブランドを立ち上げたい!でも、アカウント評価が有利な状態からはじめてビジネスを加速させたい!」という方にはAmazonアカウント売買は効果的である可能性が高いです。

Amazon出品者アカウントの売買の流れ

一般的なサイト売買の流れは以下のとおりです。Amazon出品者アカウントの売買の手順も、以下に従って行えばいいでしょう。

  1. 売り主が売却希望サイトをサイト売買サイトへ掲載する(もしくは身内情報)
  2. サイト希望者(=買い手)がサイト売買サイト経由で情報提供を希望する
  3. 売り主と買い手で交渉する(情報提供、予算、支払い方法、譲渡時期など)
  4. 交渉がまとまれば、サイト売買の契約書を制作して売買契約を結ぶ
  5. 代金を支払い、サイトを売買する(支払い方法は交渉次第。譲渡前50%、譲渡後50%などフェアになる取引が安全)

(サイト売買サイトの注意点)
サイト売買サイトでは儲かっている売上情報を抜き出すだけに活動している人も少なからず存在しています。情報を開示する際は、相手をよく見極めてから情報提供するようにしてましょう。

Amazonアカウントが売買できるM&Aサイト

サイト売買Z

サイト売買Z

サイト売買に精通した専門家が売買の仲介を行ってくれる「サイト売買Z」。ウェブサイトの売買、売却、買取、M&Aのサポートを行っています。

(料金表)
案件の審査・登録は無料
月額登録費:無料
手数料支払い:銀行振込またはビットコイン
(売り主)売買金額が25万円以上だった場合、手数料3%。25万円未満だった場合、手数料20%
(買い主)売買金額の3-10%が手数料 *最低紹介料50,000円

現在のAmazon出品者アカウント案件は以下のとおりです。

Site Stock

サイト売買、M&A、ドメイン、ホームページ、営業権譲渡など幅広くサポートしてくれる「SiteStock」。

(仲介交渉料金)
登録料:無料
契約書作成料:無料
月額費:無料
成約時手数料:10%
仲介基本料:10万円(税別)

(直接交渉料金)
登録料:無料
契約書作成料:無料
月額費:無料
成約時手数料:3%(最低紹介手数料54,000円)
直接交渉基本料:無料

現在のAmazon出品者アカウント案件は以下のとおりです。

SiteBank(サイトバンク)

日本最大級の売却サイト案件数を誇る「SiteBank

月商1800万円を誇るようなAmazonアカウントも掲載されています。

まとめ

最近の傾向としては、CtoCであるメルカリの急成長や副業による通販ビジネスを始めた方など、個人がAmazonへ出店するなどのケースも非常に増えてきています。

そのためAmazonアカウントの売買案件は多くなっている傾向にあり、スピードに乗って事業拡大を目指している人には非常に有効な1つの手段になりますね。良い案件があれば、交渉してみることをおすすめします。

Similar Posts: