[一問一答]商品説明のコピーライティングを依頼したい。相場は?

商品説明のコピーライティングを依頼したい。相場は?

スポンサードサーチ

質問

商品説明のコピーライティングを依頼したいと考えています。

自分で調べてみたところ、思っていた金額より高くて驚いています。コピーライティング代を節約して、安いところでお願いするか、それとも高いお値段のサービスを信頼してお願いしたほうが良いのか悩んでいます。

みなさん、どのくらいの相場で依頼しているのでしょうか?

スポンサードサーチ

回答

ご質問ありがとうございます。

まず、コピーライターへ依頼する際の費用目安は以下の通り。

・Amazon、楽天などのLP(目安:5-30万円)
・美容・お悩み系商材のLP(目安:10-100万円)※薬事法などの専門知識が必須

結論から言うと、可能であればできる限り自社で対応したほうがいいと考えています。

「コピーライティング」というスキルは、商品ページを正しく魅力的に魅せることで、見込み顧客に納得して商品を購入してもらえるようになり、当然成約率が上がるため、結果的に売上に最も直結する最重要項目の1つです。

「売上がなかなか伸びません」と悩んでいる通販事業者に限って、コピーライティングを疎かにしつつ、「画像制作」などWEBデザインにばかりにお金をかけている事業者が多いほど、多くの事業者が「コピーライティング」の重要性を分かっていません。

「売れる文章」は、どれだけ自社商品のことを知っているか?が重要

では、「コピーライティングはプロのコピーライターに頼んだほうがいいのか?」と言われれば、決してそんなことはありません。

なぜなら販売している商品またはサービスについて、最もよく知っているのはあなた(御社)自身だからです。

「魅力的な商品説明を書く」ためには、どんなプロのコピーライターであろうが、商品のことを誰よりも詳しく知り、その商品の強みについて業界全体で俯瞰できなくてはなりません。

コピーライターの仕事は「情報収集が8割」で、「文章を書くのが2割」と言われているほどです。

商品を販売しているあなた(御社)はきっと商品について誰よりも詳しいでしょうから、当然「情報収集8割」の時間を省くことができます。

コピーライティング技術に「センス」は必要か?

もちろん「成約率を上げられるような文章を書くのは私には難しい・できない」というような意見もあるでしょうが、

いわば、理論的にどういった文章が「売れる文章」なのかは、様々な書籍でも語られていますし、自分自身でも文章を少しずつ修正(ABテスト)していき、どういった文章が売れる文章なのか、社内にノウハウを蓄積していったほうが別の商品を販売する際にも活きてくるはずです。

ただし、例外もある(美容系LP・お悩み系LP)

ただし、例外もあります。

薬事法など法律が絡む表現が必要になる美容系LP・お悩み系LPを作る場合です。

こういった商材のLPを作る場合は、自社で所有している商品の知識と薬事法など専門的な知識を持ち合わせているプロのコピーライターと一緒に1つのLPを作りあげていったほうが良いでしょう。

外部コンサルタントとして、コピーライターを雇うというのも1つの手段です。

「売れるから」と言って過激な表現が法律の一線を超えてしまうと、国から法的な処分を

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  1. Amazon商品レビューを効率的に集める「メール配信サービス」2選

    Amazon商品レビューを効率的に集める「メール配信サービス」2選

  2. [一問一答]Amazonの商品レビューが突然消えた。一体なぜ?

  3. 長期休暇のお問い合わせ対応を どう乗り越えるか?

    [一問一答]長期休暇のお問い合わせ対応をどう乗り越えるか?

  4. アマゾン 質問

    [一問一答]明らかな偽レビューが投稿された時の対応策は?

  5. Amazonで商品売る前に知っておいた方がよいことって何がありますか?

    [一問一答]Amazonで商品売る前に知っておいた方がよいことって何がありますか?

  6. アマゾン,Amazon

    [一問一答]苦情のメールが届きました。どのように対応したらよいでしょうか?