Zendeskの使い方「受信したメールの担当者を自動的に割り当てる」

 

こんにちは、貿易コンサルタント&EC戦略アドバイザーの岡田です。

この記事ではZendeskの操作方法をご紹介します。

 

「受信したメールの担当者を自動的に割り当てる」設定方法

これは僕がかなり苦戦した設定方法なので、おそらくzendeskのガイドを見てから設定した方が理解できると思います。

※予め「チャネル」タブ→「メール」で新規サポートメールアドレスを作成しておきましょう。ここでは例として「abc@zendesk.com」の設定をするとします。

2016-07-18_040917

まずzendesk設定画面から「管理」タブ→「マクロ」をクリック。

「担当者」を受信したメールの担当者にしたい人を設定して、「ステータス」をオープンにします。

※「ステータス」をオープンにしないと、お客様からのメッセージ(=チケット)が「新規」ステータスの状態になります。zendeskでは、担当者が割り振られて初めてステータスが自動的に「オープン」に切り替わるのでこの設定が必要不可欠なのです。

 

対象は、いわゆるこのマクロを適応したい組織、グループ、エージェントの設定です。

担当者を自動的に割り当てるマクロを考えると、担当者はショップ(Amazon,楽天など)毎に管理している人が多いと思うので、「グループ内のエージェント」を選択して、予め登録してあったショップを選択すると良いでしょう。

※説明がわかりづらくて申し訳ないのですが、zendeskのヘルプもかなーーーり分かりにくいのでここまではなんとか頑張りましょう

 

これで「abc@zendesk.com」にメールが来ると、自動的に「担当者」が登録したエージェントに割り振られ、「ステータス」がオープンに切り替わります。

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  1. 【EC事業者必読】 「信書」の定義と信書便まとめ

  2. 失敗しない楽天出店のチェックポイント

    失敗しない楽天出店に向けてチェックすべき7つのこと

  3. ショッピングカートの「カゴ落ち」を防ぐ6つの方法とは?

  4. ストアマッチ広告CVプラン

    【ヤフーショッピング出店者必見】 ストアマッチ広告の効果を「有料CVプラン」で確認してみた

  5. リスティング広告で無駄クリックを減らす『除外キーワード』の見つけ方と追加方法

  6. 東急ハンズ・ロフト等の百貨店に自社製品を卸す方法