Ptengine解析コードをwordpressタグ内に貼り付ける手順

 

こんにちは、貿易コンサルタント&EC戦略アドバイザーの岡田です。

今日はHPのアクセス解析ツールとして有名なPtengineの解析コードをwordpressの正しい位置に貼り付ける手順をご紹介します。

(私は過去この作業を何回もやっているのですが、時間が経つと忘れてしまうので備忘録です)

 

Ptengineのアクセス解析コードをコピーする

※ここではPtengineにはすでに登録済みであることを前提として話を進めます

2016-08-14_001212

Ptengine画面の右上に「歯車ボタン」があるのでクリック。

2016-08-14_001311

「プロファイル」→「解析コード」をクリックして、表示された解析コードを全文コピーしてください。

これを<body></body>の間のどこかに挿入する必要があります。

 

WordPressサイトの<body>タグを探す

さて、ここからがいつも悩むところ…。

まずはサイトデザインを構成している設定画面に行きます。

2016-08-14_001537

「外観」→「テーマ編集」をクリックすると、このようなコードがずらり並んだ(モザイクのところ)ページに行きます。

ここで<body>タグを探すことになるのですが、覚えておくべきこととして

・<body>タグは<header.php>
・</body>タグは<footer.php>

に存在します。

2016-08-14_005524

解析コードは<body></body>の間のどこかに挿入すればOKですが、おすすめは</body>タグ直前に入れると分かりやすいのでオススメです。

2016-08-14_010312「テーマヘッター(footer.php)」をクリックして、「Ctrl+F(検索機能)」で「body」と検索してください。

すると、</body>タグが出てくるので、その直前に先ほどコピーした解析コードを貼り付けてください。

2016-08-14_010701

すると、wordpress画面の最下部にPtengineのボタンが表示されます。

表示されていたら、正しく解析コードが設置されたということになります。

 

これでPtengineの設定が完了しました。

 

 

スポンサードサーチ

Similar Posts:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  1. ネットショップ開業

    ネットショップ開業の基礎知識と必要な資金・費用 [実践編]

  2. 新幹線チケット・座席指定をネットで予約できる「プラスEX」が便利すぎる

  3. 「物販は売上を上げると、コストがかかる」という話

  4. 空きスペースで自社製品を気軽に販売できる「SHOPCOUNTER」

  5. リスティング広告失敗事例

    EC担当者のキミ!今すぐリスティング広告はやめなさい!【失敗する5つの事例】

  6. google XML sitemapsの設定方法

    WordPressで一瞬でサイトマップを作るプラグイン「Google XML Sitemaps」の使い方